第22回臨床研究・治験事務局セミナー2018
"テーマ:『臨床研究・治験事務局の業務を再考する』"

 本セミナーは昨年まで「治験事務局セミナー」として開催しておりましたが、本年4月に施行された臨床研究法など臨床研究・治験を取り巻く状況を鑑み、今回より「臨床研究・治験事務局セミナー」と名称を変更して開催いたします。

  今回の事務局セミナーでは、昨今の臨床研究・治験を取り巻く状況の変化に対応するため、事務局業務について改めて考えてみたいと思います。近年各地で頻発する地震や台風・豪雨といった大規模災害への治験での対応、製造販売後調査の改定、臨床研究法が施行されてから約半年が経過した時点での実際の運用における課題や問題点、本年1月に厚生労働省通知が発出されたICH E18「ゲノム試料の収集及びゲノムデータの取扱いに関するガイドライン」への対応について講演頂きます。また、中上級者には改めて事務局業務を考えるきっかけとすべく、初級者向けの事務局業務の講演を盛り込みました。さらに、米国の支援体制の状況を講演頂き、本邦での業務を改めて考えるきっかけにしたいと思います。

 以上の通り、臨床研究・治験の事務局業務に関する昨今の話題を幅広く集め、携わる多くの方々に参加していただけるプログラムとしました。皆様のご参加をお待ちしております。

 本セミナーの申し込みは、Webのみとさせていただきますので、下記の手順に従ってお申し込みください。

臨床研究推進委員会
委員長 田 嘉一

第22回臨床研究・治験事務局セミナー2018詳細・受講申込ページ
(アンダーライン部分をクリックしてください)